--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年04月06日 (日) | Edit |
★婚活でお断りが続いてしまう貴方へワンポイントアドバイス

みなさま、こんにちは。
昨日、僕の女性会員さんから下記内容のメールをいただきました。


【30代、女性会員さんからのメール↓】

おはようございます!
教えて頂いたカフェいってきました!
落ち着いてて緑も多くよいところでした。ありがとうございました!

ところで以前お話させてもらいましたが、
男性からみて、
お見合いはするも、そのあと断られやすい女性、
交際にはなるも、数回で断られやすい女性について、
いつかブログに書いていただけますでしょうか?

【↑ここまで】


お断りされるのは凹みますよね。。。
ということなので、今日はこの内容についてちょっと書いてみます。



結論から言えば、
「ご縁が無かった」の一言につきますが、

ひと言、補足をするなら、
「今の貴方にはご縁が無かった」と言えるのではないでしょうか。


婚活は「お互いの希望」が一致しないと成立しません。


例えば、
自分に「お見合い申込み」がくる。
お相手のプロフィールを見て、自分の許容範囲なら受けるでしょう。
自分の許容範囲外ならお断りするはずです。

実際のお見合いに行きました。
お話ししてみて、楽しいか楽しくないか、
再会したいか、そうでないか、
自分の許容範囲なら再会希望です。
自分の許容範囲外ならお断りすることでしょう。

再会して交際がスタートしました。
デートを重ね同じ時間を過ごせば過ごすほど、
良いところも、悪いところもお互い見えてきます。
心地よいか、心地よくないか、
楽しいか、楽しくないか、
また会いたいか、会わなくてもいいか、
時間を重ねる度、お互いの許容範囲は狭くなっていきます。
お互い、許容範囲からはみ出てしまうと交際はお断りです。


つまり、お断りされる方は、
単純にお相手の許容範囲を超えたと言えそうです。



ここで、ひとつの分かれ道が見えてきます。

お相手の許容範囲に入るよう、「努力しよう、自分を磨こう」
という場合と、

有りのままの自分を好きになってくれる人、
つまり、有りのままの自分でも許容範囲内にしてくれる人を探そう、

という分かれ道です。


「悔しいから自分を磨こう」という人は前者、
「自分を変えたくない」という人は後者と言えそうです。

結婚するために自分の好みの人の許容範囲内に入りたい、人は前者、
結婚するために自分を変えてまでしたくない、という方は後者、

とも言えます。

どちらも自由です。

これらから、お断りされる方は、


1.自分が好きな人からは許容範囲に入れてもらえなかった。
2.逆に自分を許容範囲内に入れてくれる人を選んでいない。

単純に、このどちらかだと僕は思います。



自分の好きなタイプの人の許容範囲に入りたいなら努力が必要そうです。

「努力してまで結婚したくない」という方は、
結婚を諦めるか、自分を許容範囲に入れてくれる人を見つけるべきかもしれません。

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
たくさんの笑顔を見たいから
業界最安値級:格安で婚活フィールドをご提供します
~料金が安いのに高い成婚率~【日本仲人協会所属】
ハートエクスプレス☆ひろ結婚相談所(東京都中野区)
http://www.hirokekkon.com
http://ameblo.jp/konkatsutokyo/
東京 新宿 中野 高円寺 阿佐ヶ谷 荻窪(JR中央線・東西線)
新井薬師前 沼袋(西武新宿線)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。